カートをみる オンラインショップ会員ログイン ご利用案内 お問い合せ

ヴィンテージブランケット

ヴィンテージブランケット・ミニ

【価格】 3,500円(税込)
【サイズ】H43cm×W100cm
【素材】 コットン100%
【原産国】日本(今治産)

世界的に有名な愛媛県今治市にてたった数台しか現存しない希少な旧式の織機を使い、 熟練の職人にしか扱えない特別なセッティングで織り上げた質感と雰囲気は本物にしか現れない圧倒的な存在感です。

デザインは”1950年代頃の看板”をイメージし、このアイテムだけのために描き起こしたオリジナルのカリグラフィーアートで表現。
海や山、プール、ピクニックなどのレジャーに、そしてインテリアとしても使える新感覚ライフスタイル型アイテムが新登場です。

今回使用した旧式の織機を扱える職人がいなかったため70代のレジェンド職人に復帰していただき、 極太の綿糸を染め上げ特別に織り上げてもらいました。
旧式の織機のため最新型のマシンより生産性が1/8と低いのが難点ですが、 現代の高性能な織機よりもゆっくりと織り上げるため非常に肉厚な仕上がりになります。 その仕上がりにより風合いが増し使えば使うほど味が出る様な“経年変化を楽しめる”製品に仕上がりました。

【なぜ今治なのか?】
今では日常生活の中で必要不可欠なコットンパイル製品。どうして今治産がこれほど栄華を極めているのか?
その理由は大きく分けて2つあります。

《染色製品作りには良質な水が必要不可欠》
染色製品作りにはとても重要である豊富な地下水や伏流水など、良質な水資源に恵まれた穏やかな風土を讃える愛媛県今治市。
この極めて重金属が少なく硬度成分も低い良質な軟水に晒すことで繊維がやさしい仕上がりとなり、 今治産製品の最大の特徴である柔らかな風合いや鮮やかな色が表現できるのです。

《今治は日本のコットンパイル製品の聖地》
今治地方は江戸時代に白木綿の一大産地として有名で、船を利用して大阪などへ輸送をしていました。
そんな中、19世紀初めフランスで発明されたジャガート織りは文明開化の際に日本に伝わりました。
既に綿産業での下地があった今治では、1910年には手織り機でコットンパイル製品作りを開始していました。
栄枯盛衰をくぐり抜けてきた今治であるからこそ、伝統的な製造技術と最新技術を巧みに融合させた、 国内最大規模のコットンパイル産地として最高品質の製品を安定供給し続け、 現在も「コットンパイル産地日本一」の座はどこにも譲る事はありません。

【工場について】
下記URLに今治の工場を取材した内容が書かれております。ぜひこちらの記事もご覧ください。
http://club-scarf.com/mobi/craftsman/

ヴィンテージブランケット

価格:

3,500円 (税込)

購入数:

在庫

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

ページトップへ